共働きで夕食を作る時間がない人に読んでほしい!時短する方法
O12 / Pixabay

 

毎日お仕事や育児、家事など本当にお疲れ様です。

前回は【共働きで簡単に献立を考える方法】をご紹介しました。

詳しくはこちらをご覧ください

 

今回はもっと本質的なお話です。

「どうすれば夕食を作れるのか?」

時間さえあればできる

ここにたどり着きます。

今回は生活のなかで【料理に関する時間を確保する】お話です。

スポンサーリンク

共働きで夕食を作るための時間を確保するには?

夕食を作る時間を確保する方法は

  • 一週間分の食材はまとめ買い
  • 手作りが全てではない?
  • 料理の品数を決めてしまう
  • レシピにこだわらない
  • 時短できるなら機械に任せる
  • 週に1日は外食や完全オフの日を作る

以上の方法があり、詳しく解説していきます。

夕食を時短するには一週間分の食材をまとめ買いする

stevepb / Pixabay

 

「献立メニューの作り方」でも述べましたが

夕食の献立メニューは「ひと月か最低でも一週間」決めてしまいましょう。

 

メニューが決まってると買う食材や分量もわかるのでまとめ買いできます。

これは「毎日スーパーに通い、買い物をする時間を短縮する」ため

1日で済ませると【残り6日の買い物時間はあなたの時間】になります。

 

家庭で使い勝手の良い常備野菜(玉ねぎ・人参・じゃがいも)もオススメ

どんな料理とも相性の良い野菜達です。

*「痛みの早い野菜」は使い切る時に買いましょう

料理は「手作りなら良い」わけではない

飲食店でも「手作りが良い」とされてる時代はありましたが

現在の冷凍技術や真空料理・レトルトパックなどの進歩は素晴らしいです。

「手作りしなくてはいけない」というプレッシャーが「ストレス」になってはいないでしょうか?

わたしは「使える物は上手に使う」という考えかたです。

 

現在では宅配の惣菜サービスや料理キットもあります。

さすがに、毎日使うのは飽きてしまいそうなので週1〜2日は使う」と決めてもいいでしょう。

1度使ってみて内容がわかれば、ご自身でスーパーで買い揃えるという考えもありますね。

 


【Amazon.co.jp限定】お手軽料理キットB 鶏肉のトマトパスタとラム肉を使ったチリコンカン(3~4人分)

宅配サービスはこちらもご覧ください

 

こちらはお惣菜セット

メインと副菜の詰め合わせセットですね。

常備野菜を使い、炒め物やボイルしたものをあえると1品できそうです。

 


【肉肉 お惣菜プラス 福袋 肉料理と副菜たっぷり詰め合わせ福袋22種類 合計22パック】

 

現在の冷凍ハンバーグはクオリティが高い

冷凍食品も上手に使えれば武器になります。

現在、冷凍ハンバーグに参入する企業が増えていて

子供さんにも人気のチェックしたいジャンルの1つです。


【選べる】国産冷凍 (和牛入りワイン仕立てハンバーグ60g×20個入)

 

例えば

お仕事の都合でどうしても帰宅できなかった時など、美味しい冷凍食品を常備していれば安心です。

ここでは「手作りの時間を短縮」しました。

夕食の料理の品数を決めてしまう

Pexels / Pixabay

 

料理の品数を、旦那様や子供さんから不満が出ないように「こっそりパターン化」してしまいます。

例えば、ご飯、汁物、メイン、サラダ、副菜のようにです。

さきほどの「一週間分のまとめ買い」やメニューが活きてきます。

  • 前日の副菜が余っていれば、当日のメインと合わせて簡単に一品できそうじゃないですか?
  • 前日のメインが余っていれば、当日の副菜にできそうじゃないですか?

前日の余りもので1品作る・1週間の余りもので1品作る感覚は、慣れれば身につきます。

枠のパターン化により「手作りで料理を作る時間を短縮」します。

レシピを気にしすぎると料理は楽しくなくなる

料理とは

  • 食材を焼く
  • 煮る
  • 揚げる
  • 蒸す

という【調理法】と「味付け」を加えるだけです。

サラダに関しては、生野菜にドレッシングをかけるだけの時もありますよね。

有名サイトのレシピをみてしまうと、料理を作ることが「苦しいこと難しいこと」になっていませんか?

「夕食のレパートリーを増やす」同じ食材をアレンジする方法

例えば「牛肉と玉ねぎ」があるとします

これに【そばつゆベースのダシと豆腐を加えれば】肉吸いです

(和食)煮る+和風の味付け

 

または【トマトソースとズッキーニ、パプリカを加えブイヨンを加えれば】トマトソース煮込みです

(イタリアン)煮る+洋風の味付け

 

または【タケノコの水煮、シャンタン、ピーマンにオイスターソースを加えれば】青椒肉絲風に仕上がります

(中華)炒める+中華風

 

元の食材が同じでも【技法とソースを変えるだけ】でレパートリーは3倍になります。

料理は難しく考える必要ありません

*当ブログでも料理のご紹介をしていますが「レシピに分量を記載しない」のは本質的な事を伝えたいからです。

料理レシピよりも「調理技法の意味」を覚える

例えば…

アヒージョは【食材を入れてオリーブオイルで10分程度煮るだけ】の料理です。

詳しくはこちらもご覧ください

【ストゥブ鍋を使ってカンタンに作れるオシャレな料理】

*オイル煮の意味は「低温でじっくりと食材の旨味をオイルに出し、ソースとしてオイルも食べる料理」でバケット(パン)が必須になります。

 

調理法やソース・料理について詳しくなると

【メニューを考える時間や調理時間を短縮する】ことができます。

*調理法や「各料理ジャンルの基本的な仕組み」などの知識を増やすと、圧倒的に料理を作ることが楽しくなります。

知識やスキルは、1度身につけてしまえば一生使うことができます

 

イタリアンの基本はこちらから


基本のイタリアン (実用No.1シリーズ)

 

わたしも所有してる「和食宝典」は強くオススメします

日本の気候や自然を考えますと、最終的に和食にたどり着きます。

レシピだけでなく、切り方・だし汁・酢の物・茶碗蒸しなど和食に関する基本的な点を、すべて分かりやすい写真つきで解説されています。

実は料理が美味しくなるのは「ひと手間」です

ひと手間のポイントを学べ、基本も学べる良書です


永久保存レシピ 一流料理長の 和食宝典 ―私たちへ300レシピの贈り物 (別冊家庭画報)

 

 

中華の基本はこちらから


おうちでおいしい基本の中華 (実用No.1シリーズ)

 

夕食に関して時短できるなら機械に任せる

最近の家電製品はすごいです。

「あなたの時間を確保するために機械で補える」なら使ったほうが良いでしょう。

調理後を時短できる食器洗浄機

時短を考えるなら使うべきだと思います。

店舗でも時短効率・人件費削減のために使用します。

少々高額でも「ひとの時間」はお金で買い戻せないですから…

 


【パナソニック 食器洗い乾燥機 (ホワイト) (NPTH1W) ホワイト NP-TH1-W】

時短料理で大活躍のオーブンレンジ

オーブンレンジがあれば、料理の幅は広がり時短もできます。

スチーム機能があれば家庭で「冷凍小籠包」なども美味しくいただけます。

普通に電子レンジとしても使えてお得です。

オーブン機能があれば、ピザも家庭で焼くことができます

 


【日立 スチームオーブンレンジ 31L ヘルシーシェフ レッド MRO-TS8 R】


その他の電化製品で家事を時短

全自動洗濯機・全自動掃除機など時短できる家電はパートナーと相談して購入したいところです。

機械で補えるところは機械に任せましょう。

家電製品に仕事してもらうという発想です。

夕食を時短するために「週に1日は外食や完全オフの日を作る」

12019 / Pixabay

 

働きづめで家事や食事の用意・育児をしていると心が折れそうになりませんか?

妙にイライラしてしまったり…

それらは「ゆとりの時間が無い」のが原因です

あなたの性格の問題ではなく時間が足りない…

 

例えば

  • 週の真ん中は既製品の食材で済ませる
  • 日曜日は完全オフの日で外食にする

以上のように時間的な余裕がないと、あなたの心が折れてしまいます。

働き続けるより休憩を入れた方が「効率が上がる」のは有名な話です

パートナーのかたと相談して、一人で抱え込まないようにしましょう。

まとめ

時間が無いと「心に余裕がなくなり料理を作る気分になれない」と思います。

わたしも同じです。

予約で満席の日に「ゆっくりスタッフの食事を作ってる場合ではない」のでレトルトで済ませる時もあります。

 

時間は凄く大切

いくらお金を払っても「昨日の1時間」すら買い戻せません

今日やる事を今日やっていたら、毎日追われる日常になります。

 

今日は明日のために

明日や将来を見据え計画を立て

  • 明日の用意をする
  • 今晩の夕食の用意を朝に済ませる
  • 少し勉強して料理の知識を増やす

など、長期的な目線で「あなたの時間」を増やしていきましょう

最初はしんどいかもしれませんが、習慣化されると普通になります。

 

色々な観点から「時間を確保する方法」を考えてみました。

皆さまが時間にゆとりある生活ができることを願っております。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

>>夕食の献立についてのまとめ

おすすめの記事