共働きで夕食メニューが決まらず作れない!状況に合わせた決め方
xusenru / Pixabay

 

飲食業界22年、現役料理長のコロネです。

料理を作ることにおいて最もストレスを感じるのは

「メニューを決めること」ではないでしょうか?

現在の「あなたの状況」に合わせた夕食メニューの決め方を提案します。

夕食メニューが決まらないあなたの状況は?

  • スーパーに来ておりすぐに決めたい
  • 今日の夕食メニューが決まっていない
  • 1週間~ひと月で夕食メニューを決めたい

あなたの状況により、メニュー考案の優先順位って変わります。

最も良いのは中長期的に夕食メニュー(献立)を作ることです

スポンサーリンク

夕食メニューが思いつかないあなたへ

xusenru / Pixabay

 

「メニューはとりあえずスーパーに行ってから決めよう♪」とお考えのあなたへのオススメです。

スーパー入口付近には、季節の食材を使った料理の提案レシピがあります。

スーパーが用意してくれてるレシピです

この中から「予算や家族の好みなどを考えて選ぶ」のが一番カンタンです。

「どれを選んでいいかわからない…」そんな時は「あなたが一番食べたい料理」を選びましょう。

これは料理を作る人の特権でもあります。

健康バランスを考え「昨日の夕食が肉料理なら魚、魚料理なら肉」を選ぶという判断基準もあります。

今日の夕食メニューが決まらず困っているあなたへ

まだ家におり、じっくりと考える余裕があるあなたへ

この状況は【考える時間の余裕があり家庭にある食材もチェック】できます。

まずは、家庭にある食材をチェックしましょう。

その食材を使って「どのジャンル(和洋中亜)の料理が作れそうか?」をイメージします。

夕食メイン料理について

さきほどの「健康バランスから肉料理か魚料理」にするかも考えます。

次に【調理法】を考えます。

料理はシンプルで「焼く・煮る・蒸す・揚げる」の調理法しかありません。

テクニックの一つとして【焼いてから煮る】【揚げた物を煮汁に入れる】などもありますが、それらは上級編といえるでしょう。

「料理ジャンル・肉か魚・調理法」が決まれば今晩の料理メニューは出来上がったのではないでしょうか?

ここまで絞り込んでからレシピサイトを見ます。

夕食副菜メニューについて

現在は、有名料理レシピサイトもあり非常に便利な世の中になりました。

しかしながら「レシピの数が多すぎて、選ぶことがあなたのストレス」になっているのではないでしょうか?

 

さきほどのメイン料理メニューの考え方でわかるように、

メニューを決めるという行為は「絞り込みの作業」だからです。

膨大なレシピの中から1つの料理を選ぶ方法はオススメしません。

先に【食材】を決めてしまいましよう。

 

料理メニューの食材選びの基本は「季節の旬な食材を使うこと」です。

旬の魚や野菜を選び、レシピを見るとメニューを決めやすくなります。

副菜は季節の旬な野菜で考えましょう。

夕食の献立を【1週間〜ひと月】で考えたいあなたへ

 

最もおすすめな夕食メニューの考え方です

「最低1週間分のメニューを決めてしまう」ことです。

長期的なメニュー決めは【出費も抑えることができ家計にも優しい】のです。

 

1週間でメニューを考えると「同様のパターン4回でひと月のメニュー」をだいたい決めれます。

なぜマックスひと月なのか?

季節の食材が変わるからです

旬な食材は安いことが多いので常に意識したいです。

1週間~ひと月の夕食献立表をノートなどに書く

「今晩の夕食の考え方」を基本としてノートに献立を書いていきましょう。

夕食メニューはノートにでも必ず書き残しましょう

なぜ書き残した方がいいのか?

書き残したノートは「来年も使える」からです

 

あなたの料理知識や技術がアップすれば、書き残したレシピや献立表をバージョンアップしていけます。

料理は「努力すれば必ず結果がでる」ところが魅力です

 

*余談ですが、料理が苦手なひとに最適なパートは飲食店のキッチンで働くことです。

お金を稼ぎながら料理のスキルアップが期待できます

詳しくはこちらもご覧ください

《大学生や主婦(夫)に飲食店のアルバイトをオススメする3つの理由》

1週間の夕食メニューの考え方

まず健康バランスを考え、メイン食材を魚と肉を交互にしてノートに書いてみます。

料理ジャンルと調理法を決めます

調理法を決めれないなら、食材と「料理ジャンル」でレシピを検索するとたくさん提案してくれます。

*慣れないうちはレシピから選んでもいいと思います。

1週間の中でメニューにメリハリを加えます

「メリハリとは?」

  • 記念日や誕生日
  • 週末の金曜土曜は「豪華な夕食」
  • 日曜日はあなたもゆっくりできるよう「カンタンなメニューにする」といった感じ

パートナーの方と相談して「外食の日や食材キットを使用する日」を決めてもいいでしょう。

まとめ

状況に応じた「夕食のメニューの決め方」についてお話しました。

ポイントは

  • 健康バランスを考え「肉料理と魚料理を交互」で考える
  • メイン食材が決まれば「料理ジャンルと調理法」を決める

(以上を済ましてから、レシピ検索すると絞り込めるのでメニューが決めやすい)

例 「牛肉 イタリアン 焼く」のような感じ

メインのジャンルから副菜も考え、その際に「旬の野菜」を使用します。

4月なら…

例 「イタリアン アスパラ」でたくさんレシピが見れます。

この状況で「家庭に余っている食材を加える」とレシピが絞られ決めやすくなります。

ベーコンが余ってるとします

例 「イタリアン アスパラ ベーコン」これでギュっとレシピが絞られました。

以上のようなイメージ

 

料理で1番ストレスなのは「メニューを考えること」

メニューを決めるのが苦手な人ほど「1週間分決めてしまう方法」をオススメします。

1週間の夕食メニュー作成に慣れれば、ひと月分も可能です。

1年間頑張れば、あなたの家庭の夕食メニュー献立表が完成します。

ゲーム感覚で取り組むと楽しめるかもしれません。

おすすめの記事