男女のカップル 
Pexels / Pixabay

調理師はキッチンの仕事がメインで出会いがない…

毎日、長い労働時間なので遊ぶ時間がない

年齢的に相手を探して段階を踏むのがめんどくさい

調理師はキッチン業務が多く、仕事ばかりの生活になると出会いってほぼありません。

飲食業界の結婚のパターンは社内結婚が多く、飲食関係者が違う業界の方と結婚するのは珍しい話です。

店舗や会社内でも男性と女性の比率は男性のほうが多く、結婚前の出会いがそもそも少ないのも悩みです。

調理師で結婚について真剣に考えるなら行動しましょう。行動あるのみ。

飲食業界22年、現役料理長のコロネです。

今回は調理師の婚活についてのお話です。

わたしも40代で独身…他人事ではないので、しっかりと考えてみます。

スポンサーリンク

調理師は出会いがない

男性が泣いている

StockSnap / Pixabay

 

40代独身男性のわたし

出勤して長い労働時間で働き疲れて帰宅。

休みは週に1〜2回…体力的に疲れており、ゆっくり過ごす日々が多く最近ではお酒もあまり飲めない始末です。

店舗に女性はいますが、ごく少数…しかも20代の女性って40代男性は下手すればお父さんの年齢です。

年齢をかさねるほど結婚と遠ざかっていきます。

はっきりいって、調理師が普通に生活していたら出会いなんてありません。

結婚を目指すなら行動しましょう(と自分にも言い聞かせてます)

調理師が出会いを増やすには?

男女のカップル 

Pexels / Pixabay

ジムに通う

調理師は体力仕事なのでジムとの相性は良いです。

わたしも実際、時間的な余裕がある上場企業で働いてた頃は通っていました。

ジムに通うには、金銭的・体力的な余裕が必要です。

上場企業を退社した時ジムもやめてしまいました…

仕事は私生活にも影響します。

趣味が同じ人を探す

調理師がつらい労働で平日のみの休みでも趣味はあると思います。

趣味は楽しいことなので、ストレス発散にもなりますし少々疲れてても頑張れるのではないでしょうか。

平日休みで趣味があう人はおすすめです。

職場を変えてみる

調理師の社内恋愛は多く、一番相手を見つけやすいのは職場でしょう。

同じ会社・店舗に長い期間いる人って出会いが限られてきます。

恋愛対象者のみならず、人脈を広げるためにも職場を変える意識は必要です。

結婚したいけどできない人は「奥手の印象」があり互いを理解できる職場恋愛はおすすめです。

婚活サイトに登録してみる

わたし自身、実際に結婚相談所に入会してお見合いの経験もあります。

なぜ結婚していないのか?

結婚相談所に入会していたのは、さきほども述べた時期「上場企業で働いていた頃」でした。

時間的余裕があれば、人って行動します。

1人だとヒマですからね。

上場企業の頃は、飲食店でも週休完全2日制でさらに有給消化も義務付けられていました。

休みが多い月は、半月が休みの時もあり時間に余裕があると行動します。

結婚相談所をやめた原因は次の仕事先です。

時間的・金銭的余裕のない職場への転職で結婚から遠ざかってしまいました…

若ければやり直しも効きますが、年齢をかさねるとやり直し効かなくなるのがリアルな話です。

婚活はこちらから

安心の全額返金保証付きの点がポイントです

 

結婚相談所のような堅苦しいのが苦手なかたは手軽なこちらを

サクラ・ヤラセ一切なしの本物の出会い!ハッピーメール(18禁)

調理師の結婚は早婚か晩婚

飲食業界で働く人って若いころ(20代前半)に結婚するか大幅に遅い人が多いです。

若いころの結婚は「できちゃった婚」が多い印象ですが、飲食業界は離婚率の高さも有名です。

仕事や毎日の忙しさに追われて、30歳前後の結婚適齢期にしっかり結婚出来ないと大幅に婚期は遅れます。

調理師で結婚したいなら30歳前後に行動しましょう。

わたし自身、職場で若い子たちと過ごすことが多いので「いつまでも自分が若い」と思っているところがあります。

ですが、世間一般的に40代が恋愛・結婚対象になるか?といえば難しいでしょう。

わたしの経験からも30歳前後で行動することをオススメします。

40代になると普通の恋愛は厳しい印象で、結婚相談所などを利用する必要があります。

調理師の晩婚・未婚化は仕事の影響

調理師や飲食店スタッフは

  • 労働時間が長い
  • つらい仕事内容
  • 平日のみの休み
  • 給料が安い
  • ボーナスがない

など、仕事の内容が日々の暮らしに与える影響は大きいです。

世間一般的な暮らしに向かない職業といえます。

結婚し「子供さんが産まれること」を理由に他の業界へ転職される方もいます。

飲食業界で働いていくとしても、条件の良い企業や店舗で働きましょう。

調理師は世間的にイメージが良くない

わたしは20代で料理長になり、自分に自信がありました。

同世代のアルバイトの女の子たちからチヤホヤされる事もありましたが、違う業界からすると良いイメージは無さそうです。

ある日、一緒に飲んだ女性は一般の上場企業のかた。

わたしが料理長であることを話しても全く興味はなく、鼻で笑われてるような感じでした。

調理師や飲食業界で役職についていても、あまり世間の評価は高くありません。

同業者と結婚が多い理由かもしれませんね。

まとめ

今回は調理師の婚活について考えてみました。

調理師や飲食店スタッフは労働時間が長く平日が休みのこともあり、年齢をかさねるほど世間一般的な暮らしとは遠ざかってしまいます。

調理師として結婚を考えるなら30歳前後から行動する

行動とは?
ジムなど趣味系への参加
職場環境を変える
結婚相談所などへ入会

結婚について真剣に考えるなら行動あるのみ。どんどん行動しましょう。

出会いは待っていてもやってきません…

わたしみたいにならないよう頑張って下さい。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

おすすめの記事