夕食の献立【2人分で500円?】料理を作る人権費も考えてみよう
Alexas_Fotos / Pixabay

飲食業界22年、

現役料理長のコロネです。

今回は夕食を作るのに【実際にかかってる価値】についてのお話です。

「夕食の献立2人分で500円!」という内容をよく見かけますが料理を作る人の人権費を忘れていませんか?

スポンサーリンク

料理を作る人の人権費とは?

【2人分の料理が500円】で食べれたら非常に安上がりでステキだと思います。

しかしながら、2人分で500円の考え方には「料理を作る人の人権費」が含まれていません。

「え?そんなこと考える必要あるの?」

時間についての意識は非常に重要です。

人権費とは「料理を作るのにかかる時間」です。

料理を作るのにかかる時間とは?

  • 献立を考える時間
  • 食材を買いに行く時間
  • 料理を作る時間
  • 洗い物をする時間も含まれるでしょうか。

献立を考える時間

あなたがどれほど料理上手かわかりませんが「献立を考える時間」は必要でしょう。

料理が得意で「経験豊富なかたでも数分」は必要なのではないでしょうか。

食材を買いに行く時間

献立が決まれば買い物に行きますよね。

意識してないかもしれませんが【買い物の時間って40分〜1時間くらい】取られます。

毎日1時間も取られるのはイヤですよね?

計画的に献立を立てられる方なら【1週間分の買い物をまとめ買いして時短できる】部分ではあります。

料理を作る時間

献立と食材が揃ってやっと調理開始です。

調理時間も【料理が得意な人でも30分〜1時間ほど】必要なのではないでしょうか?

惣菜や冷凍食品を買って時短できます。

洗い物をする時間

ここには【食事後の洗い物の時間】は含まないことにします。

調理器具など「料理を作っている時の洗い物」の時間ですね。

料理上手な方なら調理中に洗い物もするので時間はあまり取られないと思います。

初心者のかたは時間が必要かもしれません。

1日の夕食を作るのにかかる時間は?

献立を考えることから、買い物、調理、洗い物までにかかる時間は【2時間くらい】でしょうか?

調理に【不慣れなかたなら3時間くらい】かかるかもしれません。

「結局、夕食にかかる費用は?」

【2時間を時給900円】で考えると1800円です。

これが人権費です。

【材料費が500円】としても【人件費1800円】を足して2300円。

2300円÷2人で【1150円】…これが現実です。

あなたが2時間「他のことで過ごせる」としたら【時間価値の差は倍】になります。

まとめ

【食材費500円で2人分の食費】について「人権費も加えて」考えてみました。

毎日、時間に追われることなく「楽しくお料理してる方」には関係のないお話です。

でも、現在「夕食を作ることがストレスになっている方」や日々の「時間に追われてる方」にとっては知っていて欲しいことです。

「500円」ってきっと明日も「500円」です。

今日の時間は2度と戻りません。

時間には何物にも変えがたい価値があります。

できれば、

  • 献立を考える時間
  • 買い物をする時間
  • 調理時間を短縮したい

そんなサービスが存在します。

ヨシケイ食材宅配サービス

世間一般の評価では価格が割高だといわれていますが、

多くの時間を短縮してくれているので当然なのです。

価格もご家族の事情により選ぶことも出来ます。

詳しくはこちらからご覧ください。

必要な分を必要なだけ献立(レシピ)と一緒にお届け
夕食食材宅配サービスの夕食ネット


お弁当ならより安く提供してもらえます。

【初回半額】夕食.netの「冷凍宅配弁当

「時間の方が大切だ」と思われるかたにオススメです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

おすすめの記事