【飲食転職エージェント】フーズラボに登録しての感想・評価と正しい利用のしかたについて
rawpixel / Pixabay

 

新型コロナウィルスの影響により、飲食業界の求人事情はどうなっているのでしょうか?

わたし自身、勤める会社が倒産する可能性もあり今回はフーズラボ転職エージェントに登録して、業界の動向を探ってみたいと思います…と考えていましたが、フーズラボは「転職エージェント特化型」で個人で検索することが出来なかったです。

担当の方にお話を伺ったところ「求人情報がネット上で出回らないため」とのことでした。

簡単にいうと「フーズラボはすべてが非公開求人である」と考えられます

 

【フーズラボの面談について】

転職エージェントを利用するにあたって、エージェントの方との面談は必須になります。

他のサイトでは電話の相談も出来ましたが、フーズラボは「基本的に対面式の面談」を求められ、面談場所は東京と大阪

一都三県で飲食業界の仕事をお探しなら東京。関西圏でお探しなら大阪での面談といった印象でした。

 

以上の点から

「フーズラボ転職エージェントをご利用になるのにおすすめな人」の条件として

  • なるべく早く仕事を決めたい人
  • 東京近郊一都三県で仕事をお探しの人
  • 関西圏、主に大阪で仕事をお探しの人

上記の印象でした。

 

わたしのように、現職で「あまり不満は無いのだけれど、会社が倒産の恐れがあり情報収集したい人」は違う転職サイトをおすすめします。

実際に利用し「情報収集として良かったのはdoda転職エージェントサイト」でした。

doda転職サイトでは、エージェントの方と電話で現職の相談も乗っていただき、調理師の仕事を探すなら飲食に特化した転職サイトを利用することもおすすめされました。

dodaで仕事を決めてもらえば自社の売り上げになるにもかかわらず、他の転職サイトをおすすめしてユーザーの為にアドバイスしてくれたのはdoda転職エージェントの方のみでした。

しかしながら、調理師の求人が少なかったのも事実で、ホールスタッフやマネジメントが出来る人にはおすすめです。

 

調理師の求人の動向を確認しながら「長期的な転職活動をしたいならクックビズ」がおすすめです。

こちらも実際にわたしが利用しました。

クックビズもdodaと同様に「転職エージェントと転職サイトの両方」が利用できます。エージェントの方から電話があり「情報収集として長期的に転職を考えている」と伝えると自分のペースで転職活動できます。

 

前置きが長くなりましたが「とにかく早く次の仕事を決めたい!」ならフーズラボ転職エージェント

フーズラボ転職エージェントへの登録の流れをご説明します

スポンサーリンク

ステップ①所在地の登録ができない?

フーズラボの公式ホームページを開くと「ご登録はこちら」の画面が表示されます。

しかしながら「お住まい」の欄に東京一都三県しか選ぶことができず困りました…

 

ステップ②東京一都三県以外は右上から登録

東京一都三県以外にお住まいのかたは、右上の「ご登録はこちら」から登録できます。

キャリアアドバイザー相談窓口で、回答を選んでいくだけで東京にお住まい以外のかたも登録完了できます。

 

登録が完了すると数分後に転職エージェントのかたから電話がかかってきます。

この電話で面談の日時を決めます。

*わたしはこの時点で、求人閲覧できないことを知り登録をやめました

ステップ③面談日時を決めましょう

フーズラボ転職エージェントの強みは

  • すべてが非公開求人
  • 転職エージェント特化サイト

以上の印象で「絶対に早く仕事を決めたい!」という人におすすめです。

 

逆に「ゆっくり情報収集しながら転職を考えたい」人は他の転職エージェントサイトを利用してください。

色々な転職エージェントサイトの特徴や強みをしっかりと理解して登録や面談しないと、後々面倒なことになります。

あなたの目的

  • 「すぐに転職したい!」
  • 「長期的に考えている」
  • 「自分で仕事を探したい」
  • 「調理師で探している」
  • 「ホールスタッフで探している」

あなたの現在の状況や環境により、利用する転職エージェントやサイトは使い分けましょう

*今回実際に色々な転職サイトを利用してみて、ランキングなどで安易に転職サイトを選ぶとトラブルの原因になりやすいと実感しました

なるべく早く飲食業界で転職したいひとはこちらで登録しましょう

 

~公式ホームページ~

おすすめの記事