飲食店経営 大手【WEB予約サイト】をやめたいあなたへ
StartupStockPhotos / Pixabay

 

現在の飲食業界で【WEB予約サイト】への加入は当然の感じになっています。

WEB予約サイトは売り上げを伸ばすために【速効性があり1度使うとやめられない】状況になります。

毎回プランや価格が更新され値上げされても依存してやめれない…

【やめれば必ず売りあげが下がる】からですね。

 

【独占禁止法ギリギリライン】のWEB予約サイトに依存していては企業の発展はないでしょう。

 

スポンサーリンク

WEB予約サイト依存からの脱却方法を考える

  • 価値のある店づくり
  • 自分で自店舗のサイトをつくる
  • 自店舗のツイッターアカウントをつくる

飲食店経営でWEB予約サイトを利用するのはカンタンです。

お金を払うだけですからね。

WEB予約サイトを使うことが悪いのではなく【使うのであればしっかり戦略】を考えましょう。

あくまでWEB予約サイトは販促方法にすぎません。

【自店舗の価値を高めリピーターを確保】してWEB予約サイトにかける【経費を少しずつ減らして】いきましょう。

 

価値のある店づくり

あなたのお店の【他店舗より優れていること】は何ですか?

あなたのお店の【他店舗と差別化できてること】は何ですか?

この問いに瞬時に答えられない店舗は【自店舗の在り方について考える】必要があります。

 

価値のある店とは?

商品

家庭や他店舗では食べられない【食事】【ドリンク】【コストパフォーマンスの高いメニュー】

 

サービス

お客様の気持ちを考えた【料理提供スピード】【接客】【価格帯】

 

雰囲気

  • 非日常的な空間の提供
  • 清潔な店内
  • 客層にマッチしたBGMや内装
  • トイレの利便性と清潔さ

料理、サービス、価格が雰囲気とマッチしている。

 

席数

席数が少ない店舗ほど上記の価値が重要になります。

席数の多い店舗で上記の価値を追求すると他店舗との圧倒的な差別化となります。

 

【店舗の価値】を考えてみると思いつくだけでもこれだけあります。

自店舗の価値が未だに理解できていない定まらない店舗はじっくりと考える必要があります。

【自店舗の強みを活かせない店舗】に勝ち目はありません。

自店舗の価値を知ることは経営において基本中の基本です。

【基本的なことが理解できていない】のに応用の【WEB予約サイトやSNSの利用】による宣伝、流行りの料理を追いかけるなど、

【楽をして結果を出そうとする】から依存するハメになるのです。

現在は依存しながらでもいいので【自店舗の強み、価値】を再考してください。

それが理解できなければ【経営者として向いてない】可能性もあるので、経営コンサルタントに依頼する選択肢も頭に入れておいたほうがいいでしょう。

 

自分で自店舗のサイトを作る

現在あなたが見ているこのサイトはわたしが個人で1人で運営しています。

飲食歴22年の調理師。

今までにWEBサイトに関するお仕事などした事もありません。

あなたでも絶対に作れます。

webサイト作成に掛かった経費

  • パソコンを購入(以前使用してた物が古かったため、サイト運営の機会に購入)9万5千円
  • サーバー代、ドメイン代 合わせて1万円位
  • テーマプレート 1万8千円

合計で13万ほどです。

毎月【サーバーレンタル代が1千円】ほどかかりますがご自分のサイトから価値のある情報、写真など発信するのは無制限です。

インターネットに不慣れなかたは【発注してサイトを作って】もらってもいいと思います。

【 こちらは低予算でホームページ作成、運用できます。】

月々のWEB予約サイト経費とは比べものになりませんね。

詳細はこちらからご確認ください。


WEB予約サイトに毎月いくら払っていますか?

WEB予約サイトに払っている金額を【自店舗のサイト】に投資しませんか?

自立して【自分で店舗を運営する感覚】を持つべきです。

店舗の利益構造にも通ずることですがWEBサイトも、

1度構造ができてしまえばあとは微調整を加えていく】だけです。

 

【最初の労力は何をやるにしても必要】ということです。

早く行動してその後に楽するのか?ずっと辛い状況で暮らしていくのか?

あなたが選んでください。


【自店舗のWEBサイトから毎日お得な情報を発信】して他店舗よりも魅力的なものにしましょう。

 

自店舗のSNSアカウントをつくる

自店舗のWEBサイトができても【お客様が検索】してくれなければ永遠に見られることはありません。

魅力的なWEBサイトができたら【積極的に発信していく必要】があります。

インスタグラムを使う

「最近流行りのインスタ映え」

あのようなイメージですね。

【視覚的効果で入店動機を狙う】

この速効性がWEB予約サイトと似てる感じがします。

基本的な部分を大切にしましょう。

 

Twitterを使う

Twitterにはあなたが作った【WEBサイトを貼って】ツイートすることができ、

【ハッシュタグ #を使えば検索ワードとして引っ掛ける】ことができます。

例えば、

  • #イタリアン
  • #東京都新宿区 のようにツイートすると、

「東京都新宿区 イタリアン」 で検索したユーザーに引っ掛かるというわけです。

ツイッターには【フォロー機能】があります。

この機能を使って【お客様の常連化】を狙います。

ユーザーにフォローされると自店舗のお得な情報をピンポイントで送れるようになります。

【アンケート機能を使用】して店舗の改善点などをお客様にたずねても面白そうです。

こちらをご利用下さい



わたしが言ってることが理解できないかたは【すでに自店舗のWEBサイトをつくり】ツイッターを利用して自店舗をアピールされてるかたがいるので【ツイッターでチェック】してみてください。

あなたの参考になると思います。

 

自分でサイト作成するメリット

運営経費が安いのは説明済みです。

【飲食業界の飽和状態の改善】に期待できます。

自店舗が戦うべき店舗は【自店舗とキャパの近い店のみ】と考えます。

席数30のお店と100席のお店が戦う必要ありません。

お客様の選択肢の中で、

  • 席数やキャパ
  • 静かにお食事したい
  • 皆んなで騒ぎたいなど

利用するにあたって適したお店をSNSで見つけやすくなります。

将来的にWEB予約サイトは必要なくなると考えています。

ご自分で【自店舗のサイトを作る】ことを推奨します。

 

まとめ

WEB予約サイト依存から脱却するためには、

まず【自店舗の強み、他店舗と差別化できること】の再確認から始める。

店舗の基本をしっかりと構築したら【自分で自店舗のWEBサイト】を作る。

そのサイトを【各SNSで効果的に発信】していき徐々にWEB予約サイトのプランを縮小して【最終的には無課金】を目指す。

 

「そんなにカンタンにいくかよ!」と思われるかもしれませんがすでにやられている人がいます。

美容業界でもそうですがなるべく早くWEB予約サイト依存から脱却しましょう。



最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

おすすめの記事