将来は調理師を副業にするという選択肢について
Alexas_Fotos / Pixabay

 

どうも飲食業界22年、現役料理長のコロネです。

今回は他業種で働かれてる人に

将来調理師を副業にしてみては?という提案です。

 

スポンサーリンク

飲食業界の人材不足

geralt / Pixabay

 

現在の飲食業界の人手不足は深刻です

アルバイトで外国人留学生がいなければ成り立たない現状です。

これから少子高齢化のあおりを受けて、ますます労働者の確保が課題となるでしょう。

働き方改革のあおりを受けて、他業種の方もお給料が下がる可能性があると聞いています。

お給料が下がる分は「何かで補填」したいですよね?

 

週末の土日は飲食業界では繁忙期

アルバイトが週末出勤してくれるのは非常に有り難く、店舗側・副業側にとっても都合が良いのではないでしょうか?

調理師は技術職なので、店舗で働いていると自然と技術が身についてきます。

他業種で「お金を稼ぎつつ料理について学び」将来的に独立出店という選択肢も広がります。

飲食業界は参入障壁が低く独立してオーナーになれる業界です。

 

飲食業界のアルバイトのメリットについて詳しくはこちらもご覧ください

【飲食業のアルバイトを、学生や主婦(夫)にオススメする3つの理由】

 

中食の需要が増加する

これから日本は超高齢化社会へと進んでいきます

高齢者が増えると外食産業よりも中食の需要が増加しそうです。

現在は、中食産業の強い企業やライフスタイルとして成り立っていませんがこれから需要は増すと予想されます。

 

中食産業が、ますます発展すると工場やセントラルキッチンでの調理師の雇用が増えます。

飲食業界の調理師の需要はますます高まると予想されます。

外食産業だけでも深刻な人手不足なのに、

中食産業が発展すると圧倒的に人手が足りません。

このような点からも

働きかた改革後、副業が認められるならば調理師をオススメします。

 

ただ、調理師は怖いイメージでしょうか?

調理師はどんな人が多いのか?不安がありましたら詳しくはこちらもご覧ください

【ブラックな飲食業界の正社員はどんな人達?】

 

調理師は「食いっぱぐれ」がない?

RitaE / Pixabay

 

基本的に調理師という職種は技術を要することなので【食いっぱぐれ】がありません。

わたしは以前から、もっと世間的に評価されてもいい職業だと思っています。

ホテルや一流店舗での調理師の評価は高いのですが、世間一般の調理師に対する評価が低すぎます。

 

技術を身につけてしまえば、一生【食いっぱぐれる】事はありません(体が動く限りは…)

更に飲食業界は深刻な人手不足

これから副業をするなら技術職をオススメします

 

特に営業のお仕事をされてる方はトーク力や商品知識、ご自身の信用で結果を出されてると思います。

トーク力と信用を兼ね備え、料理が作れればすぐにでも独立できそうです。

【芸は身を助く】

副業をお考えなら調理師がオススメ

調理師は給料以外にも得れるものが多いのです。

詳しくはこちらをご覧ください

【飲食業界  調理師の年収以外の仕事の魅力】

 

飲食店のアルバイトには「まかない」がある

飲食店での勤務では【まかない】が無料で食べれる店舗もあります。

副業のアルバイトで1食分の食費が浮くのは有り難くないですか?

 

1週間で2日働くとして「1食500円」月額で4千円分の食費が浮きますね。

出勤日数が増えればさらにお得になります

 

実はすでに副業として飲食業界で働いてるかたもいます。

食費が浮くどころか

【技術も学べて給料も貰えます】

こんな良い副業ないんじゃないでしょうか?

 

夫婦共働きでしたら夕飯問題もあります

調理師が提案する「カンタンに効率的な夕飯問題解決策」はこちら

【共働き夫婦の夕食問題を真剣に考えてみました】

 

まとめ

今回は、調理師を副業にすることについて書いてみました。

飲食業界はブラックといわれていますが、副業なら関係ありません。

調理師の職業のメリットだけを享受すれば良いのです

 

これからの超高齢化社会は「調理師にとって追い風に感じる」のはわたしだけでしょうか?

チャンスの多い職種だと思います

ご興味を持たれましたら是非一度トライしてみてください。

 

「楽なお店がいい!」とお考えのあなたへ特別情報はこちら

【飲食店のアルバイトはきつい?楽なお店を見つけだせ!】

将来に繋がる価値ある副業をオススメします

おすすめの記事