【飲食から転職】のおすすめはウェブマーケターの理由
muneebfarman / Pixabay

新型コロナウイルスの影響もあり、飲食業界から転職する人が増えています。

しかしながら、飲食業界から他の業界に転職するって難しい印象がないでしょうか?

「業界が成熟してる」と難しい

ということは、まだ成長段階であり、人材が必要な業界に転職するのが良いでしょう。

成長途中で人材不足の業界で、今回のコロナウイルスの影響も受けないのはIT業界です。

その中でも、未経験から学べる「ウェブマーケター」をオススメします。

スポンサーリンク

飲食から転職「ウェブマーケター」とは?

muneebfarman / Pixabay

 

ウェブマーケティングというのは、その名前の通り「ウェブを利用した」マーケティングのことです。

「マーケティング」とは、商品を売るために企業が行う行動全般です。

  • 広告宣伝
  • 市場調査
  • 販売戦略など

マーケティングといっても企業や業種、業態によりその定義はさまざまです。

基本的に商品が大量かつ効率的に売れるようにすることを指しますが、ウェブを使ってこの業務を行なっていくのが、ウェブマーケティングということです。

ウェブの特性を理解し最大限にマーケティングの分野に応用して、企業の利益獲得に貢献する人を「ウェブマーケター」と呼びます。

一見難しそうですよね?

大丈夫です。

私が現在書いてる「この記事」これもウェブマーケティングの一種です。

私は調理師を続けながら独学で2年をかけて、少しずつ学んでいます。

飲食業界からウェブマーケターに転職する3つのメリット

スキルの文字 

geralt / Pixabay

 

ネットの利用者が増えるとともに「企業にとってウェブマーケティングは無視できない存在」になりました。

新型コロナウイルスの影響もあり、今後ますます成長していく業界です。

業界が伸びると人材不足になるので、チャンスといえます。

①ウェブマーケティング業界が伸びている

飲食業界でも、店舗予約やデリバリーの注文をウェブで受け付けています。

最近は、買い物もウェブ通販を利用することが多いのではないでしょうか。

5Gが導入されると、時代の流れは完全にウェブ業界へ向かいます。

飲食業界の現場で働くのは、休みも少なく・労働時間も長い、忙しい日はとても体が応えます。

年齢をかさね、いつまでも忙しい日々に耐えられるでしょうか?

将来の不安を解消したいところです。

②飲食業界のスキルだけでは将来が不安

調理師ならば、忙しい日々のなかで調理技術が身につきますが、ホールスタッフはスキルが上がらないことが多いです。

店長職でなければ、さらに仕事が制限されます。

歳を取ってからスキルが無いって深刻な問題です。

今後、ウェブマーケターの需要が増えるので、今からスキルを身につけて将来の不安を解消しましょう。

③副業、独立しやすい業界

ウェブマーケティングを学び、ウェブマーケターとして成長すると独立できます。

ウェブでは、一般的な生活のように「高い」家賃や固定費は存在しません。

あなたの実力とパソコン・スマホなどがあれば簡単に独立できます。

先ほども少し述べましたが、私は調理師を続けながら当サイトを運営しています。

このように「簡単に副業も可能」となります。

 

飲食業界で独立する時にも、ウェブマーケティングの知識は役立ちます。

わたしのように自分のブログサイトを作ることも可能です。

店舗サイトを作成依頼すると数十万円かかり、何かあったときメンテナンスを頼む必要もあります。

スキルや知識は身につけてしまえば一生使えます。

「いつ身につけるべきか?」述べるまでもありません。

ウェブマーケターの年収は?

ウェブマーケターの年収も気になるところではないでしょうか?

伸びてる業界でも「稼げないと生活できない」ですからね。

転職エージェントのdoda社が行なった調査によると、ウェブマーケターの平均年収は446万円のようです。

とはいえ、あくまで平均なので300〜1000万円の幅があります。

成果主義の傾向が強いため、一つ年代が上がると年収が大幅に上がるようです。

2020年の年収ランキングはこちら

https://doda.jp/guide/heikin/gyousyu/

 

裏を返せば「実力があれば、後から入社しようが多く給料が貰える」ということ

「未経験でも可能」という求人広告を見かけますが、少し注意が必要

未経験でも可能ということは、大した知識・スキルも教えてもらえず、簡単な内容の仕事を安い給料で長い時間させられるかも…

ウェブ業界に転職・就職するなら、ある程度の知識はあったほうが有利でしょう。

ウェブマーケティングはどこで学ぶのか?

オイシックスについて解説

Scottslm / Pixabay

 

ウェブマーケティングについて多くの書籍が販売されていますが、ハッキリ言って素人には訳がわかりません。

「何のために、何を学ぶべきなのか?」や「何を段階的に学べばいいか?」

数ある書籍は、ウェブマーケティングの基礎がある人のための物であるといえます。

飲食業界で例えるなら、包丁を使っての切り方を「書籍で見ても上手くならない」のと同じ。

上手くなるためには、知識と現場での経験が必要です。しかしながら、未経験で飛び込むのは少し怖い業界だと思います。

最低限の知識と経験がないと、採用されるのも難しいのではないでしょうか。

そこで、ウェブマーケティングを短期間で学び、就職の斡旋までしてくれる人気のサイトをご紹介します。

DMMマーケティングキャンプについて

DMMマーケティングキャンプ、通称「マケキャン」が人気です。

こんな人にオススメ

ウェブマーケターに転職したい人

ウェブマーケティングの理論から実践まで学びたい人

(経営者、ウェブエンジニア、デザイナー、コンサルタントなど多くの人が受講しています)

副業でウェブマーケティングを始めたい人

短期間でウェブマーケティングの知識・スキルを身につけたい人

働きながらウェブマーケティングを学びたい人

 

DMMマーケティングキャンプの計3ヶ月学習プログラム

DMMマーケティングキャンプのカリキュラムは計3ヶ月となっており、短期間で知識とスキルを身につけます。

1~2ヶ月が、ウェブマーケティングの基礎を学ぶ時期

3ヶ月目は、それらを使用し実践的に学ぶ期間です。

動画とオンラインで学ぶので、時間がない方でも自分のペースで学ぶことができます。

DMMマーケティングキャンプの料金

DMMマーケティングの受講料は49万8000円(税別)

入会金3万円(2020.10.1〜16日まで無料!)

もちろん分割も可能です。

一般的な調理師学校で学ぶには数百万円かかります。しかも、調理師学校では飲食業界でしか活躍できません。

ウェブマーケティングのスキルがあれば、業界問わず活躍できるのが魅力です。

現在は、無料でカウンセリングもしてくれますのでご利用下さい。

 

「今、今日したことが10年後」という言葉があります。

私は、飲食店の忙しさに追われ、帰宅して晩酌、ゲーム、テレビを見る。休日は、朝からパチンコ、パスチロの生活をしていました。

知人から「今日したことが10年後」と言われ

「このままではダメだ!」とウェブサイトを学び運営を始めました。

あなたの人生、将来を決めるのはあなたです。

今すぐ、公式ホームページをチェック

 

おすすめの記事