男女のカップルが幸せそう
3194556 / Pixabay

飲食店スタッフの暮らしを改善するためには「体力的・時間的・経済的」余裕が必要で、 この3つの要素は繋がっています。

労働時間が少ない→体力的に余裕がある→質の高い仕事内容→収入が多くなる

以上のイメージで、 そのような考えを持ってるのはホワイト企業です。

飲食業界のホワイト企業で就職を目指すなら「上場企業」がおすすめです。労働時間が少なく体力的に余裕があり、収入が多いのはご家庭の暮らしに大きく影響します。 ホワイト企業に対してブラック企業は…

《ブラック企業の例》

労働時間が多い→体力的につらい→こなすだけの仕事内容→スキルアップできない→収入が増えない・キャリアアップできない

以上のようなサイクルになると深刻で、年齢をかさねた時にスキルアップ・キャリアアップできていないと将来的に飲食業界で頭打ちしてしまいます(技術や知識が少ないまま年齢だけ増えてる状態)

ご家庭の暮らしにとっても、ブラック企業で働く利点はまったく見当たらないので注意が必要です。

彼氏・旦那様と、もしくは彼女・奥様やご家族と健やかな暮らしを望むのならホワイト企業に転職しましょう。

 

 

スポンサーリンク

安定した暮らしを望むなら上場企業で働く

安定した暮らしを目指すためには?
StockSnap / Pixabay

《上場企業のメリット》

  • 完全週休二日制
  • 週末に休みの場合あり
  • 残業代あり
  • 勤務時間が安定
  • 福利厚生もしっかり

わたしも上場企業で働いてました。

給料の昇給は半年に1度ありボーナスはなかったですが、結果を出してる料理長の給料は一般職の部長クラス並でした。

飲食業界の上場企業は調理師やホールスタッフというよりも「一般職のサラリーマン」のイメージ

全国規模の経営で安定しており「不安定さ」も解決できます

パートナーと良いお付き合い・結婚をお考えのかたには飲食業界の上場企業をオススメします(悪い噂のある企業は除く)

飲食業界上場企業のブラックとホワイトの見分け方

私が以前勤めた企業はホワイト企業でした。企業名をあげてオススメしたいのですが、私が現役の調理師ということや色々な権利問題があるため、ホワイト企業のヒントをお教えします。

ポイントは「何もしなくても集客できる立地に出店してる企業」です

何もしなくても集客できる立地とは?
大手ショッピングモール内
イベント会場内
野球場や競技場内
オフィスビル内など

以上のようなイメージです

それとは逆に、

  • 商店街の路面店や駅近辺の居酒屋業態
  • ネット販促をしなければ集客できない店舗など

以上のような、売り上げが安定しなさそうな店舗は上場企業であってもオススメできません。ネット販促費用は店舗の固定費みたいなもので家賃や人権費に上乗せされると、しわ寄せが現場スタッフにもたらされます。しかも、ネット販促によるリターンは不安定で確実性がありません。

何もしなくても集客できる立地で経営してる企業は、独自の経営スタイルを確立しており撤退ラインも明確な印象でした。いいかえると現場スタッフに左右されない経営スタイルを確立しており、それは現場スタッフの負担を減らす経営です。

出店してる立地から企業戦略が読めるので、ご活用ください。

 

飲食店の上場企業勤務の暮らし~わたしの例~

イメージしやすいように、ホワイト企業の飲食店での暮らしを私の例でご説明します。

1日の労働時間について

  • A:9~18時(休憩1時間含む)
  • B:9~23時(休憩1時間含む)
  • C:14~23時(休憩1時間含む・週末など繁忙期)

以上の3タイプ。平日(月~金)はAとBの2タイプのみで、週末は労働内容がキツイのでAとCのタイプのシフトをつかい社員の負担を軽減します。

1週間のシフトの例について

完全週休二日制なので

  • 月休み
  • 火B(シフト)
  • 水B
  • 木休み
  • 金A
  • 土A
  • 日A

以上のようなイメージで、1週間で通しのBシフトは2回だけ、後は休みと8時間勤務でキッチリ帰ります。なぜキッチリ帰宅できるのかというと、ホワイト企業は残業代がしっかり発生するのでダラダラと長い時間働かれると企業にとってマイナスだからです。

休みは週末の場合もあり各社員均等でした。週末の休みは魅力的ですよね。さらに有給消化が義務付けられており、ひと月で10~15日休みのときもありました。ビックリしますよね、そんな企業も存在します。

給料面について

当時は30歳の平社員で総支給額27万(労働時間約170時間)プラス残業代は毎月変動ですが、繁忙期以外は残業はなかったです。

料理長や役職があると35~50万くらい貰えるので、平社員は役職を目指します。

昇給は半年に1回あり、年間で1万ほど昇給してたようでした(人による)

ボーナスはありませんが、ひと月の労働時間が少ないので気にはなりませんでした。飲食業界でボーナス支給される企業はほぼ無いですからね。

上場企業を探すなら転職サイトに登録しておく

条件のいい転職先は、すぐに応募が殺到し無くなってしまいます。

転職サイトに無料登録し、条件をエージェントに伝え募集が出るのに備えたいところです。

上場企業は、新卒採用がメインのところもあり中途採用応募者ならなおさらでしょう。

飲食業界は深刻な人手不足であり、わざわざブラック企業で長時間・低賃金で働き続ける必要はありません。転職サイトは無料で利用できるので活用しましょう。

転職サイトはどこを選べばいいのか?

まず、転職サイトについてご説明します。

転職サイトと言っても、転職サイトと転職エージェントサイトの2種類存在します。

転職サイトは「自分で仕事を探し、応募して面接日時などを決める」形です。

転職エージェントサイトは「エージェントがあなたの条件にあう企業を探して提案」してくれます。毎日忙しいわたし達にとって助かる存在です。さらに、エージェントサイトはあなたの推薦書も作成してくれ、個人で応募するよりも有利だといわれています。

この2つの特徴を併せ持つのがDODAです。

なので、本サイトでは「上場企業を探すなら」DODAをおすすめします。

DODAは大手企業なので、求人数(未公開案件含む)や実績も信用できます。

「時間とは命」人生そのもの

男女のカップルが幸せそう

3194556 / Pixabay

 

労働時間は「仕事」と割り切ってしまいがちですが、過ぎた時間は2度と戻りません。

時間とは、その人の命、人生を消費してる対価として給料がもらえます。

飲食業界にもホワイト企業は存在します。わたし自身、自分が働くまではあきらめていました…

プライベートの時間・休日も増えます。転職サイトに登録は無料なので、今はまだ転職する気がなくてもアンテナを立てることが重要 で『知らない』って損です 。彼と結婚を考えるなら上場企業に転職を勧めてあげて下さい。

ブラック企業はみんなを不幸にします

飲食業界はかなりの人手不足…今が人生を変えるチャンスです。

あなたと彼・旦那様との人生に役立てれば幸いです

登録はこちらから

 

おすすめの記事