年収が低い飲食店 20代スタッフは修行という嘘に騙されるな!
nattanan23 / Pixabay

どうも飲食業界22年、

現役料理長のコロネです。

20代の飲食店スタッフは年収が低いと思います。

「飲食業界では修行の身だから仕方ない…」

そんな気持ちで過ごしてませんか?

結論を言うと調理師は仕事してる限り修行の身です。

飲食業界のトレンドは毎年変化し対応していかなければなりません。

修行=年収が低い

これは、わたしには理解できません。

「年収が高いほうがいいですよね?」

20代の飲食店スタッフが年収を高くする方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

初任給が低ければ急に上がらない

初任給が低い会社に就職してしまったあなたは残念ですが給料が上がりません。

会社の考え方が原因です。

「この年齢ならば給料はこれくらいだろ。」といった給料査定制度が会社内にあります。

どれほどあなたの仕事が優れていようが【飲食店の平社員が高評価されること】は極めて珍しい事です。

【年齢による給料査定制度を導入してる会社】は実力主義で評価されないので、あなたが料理長クラスになるまで給料が極端に上がることはないでしょう。

飲食店の正社員でも時給で考えるべき

わたしの給料についての考え方のスタンスは社員でも時給で考えます。

飲食店の正社員で残業代がしっかり払われてる会社は上場企業くらいでしょう。

あなたが今、わたしの記事を読んでいるという事は、

「現在の給料と労働時間に納得していないからではないでしょうか?」

あなたの総支給額から労働時間で割って時給を計算してみて下さい。

「どうでしたか?」

「こんな時給アルバイトと変わらない」と感じたあなたはサッサと転職しましょう。

給料額は多いが時給に換算すると大したことないというケースもあります。

わたしの考えでは【長い時間働いて高い収入を得るのは当然の事】です。

時給の考え方がなぜ大切か?

全世界の人々に等しく平等なのが時間だからです。

時間は平等であるならば【1時間のあなたの価値を上げる】必要があります。

この考え方は分かりやすいので自分の価値を知るのに便利です。

「長い時間働いて高い収入を得るのは当然だと思いますよね?」

もしかすると長い時間働いてるのに低い収入のかたもいるかもしれません。

年収が低く労働時間が長いのは辞めたほうがいいです

「年収が低いけれど私は修行の身なので仕方ない。」

「いずれは給料も上がるだろう…」

役職につくまで上がりません。

飲食業界で好まれるのは20代の社員です。

理由は【給料が安くて多くの仕事量をこなしてくれる】からです。

真面目な人なら、なおさら使いやすいです。気をつけましょう。

【不真面目でも結果を出して会社の人や上司に可愛がられる人】が出世して役職につきます。

会社の考え方は内容よりも結果だからです。

「平社員の査定をするのは料理長ですよね?」

料理長も人間なので自分の好き嫌いはあります。

真面目だから評価されるとは限りません。

あなたが現在働いてる店舗のノウハウを学びスキルアップしたらサッサと転職しましょう。

時間がもったいないです。

例 25歳で料理長になった私

わたしは25歳で料理長になりました。

それまで社員経験もなく知り合いのコネでいきなり料理長です。

当時の総支給額は月給28万円でした。年齢を超えています。

「当時のわたしがそれほど仕事ができたのか?」

恥ずかしながら【料理の知識や技術も経験豊富なアルバイトに負けていた】と思います。

その後、料理について学び現在も料理長の地位で仕事しています。

ポイントは【25歳で大した知識も技術もない人でも高収入だった】という点です。

若い間は収入が低いという風潮に騙されてはいけません。

特に長い労働時間で働かされてるのなら尚更です。転職を考えましょう。

飲食店で年収が低くて悩んでいるなら上場企業で働きましょう

上場企業とは株式1部上場してる会社です。

悪い噂のある上場企業はオススメしません。

上場企業は株券を発行しており企業に対するマイナスのイメージを嫌います。なので労働時間や労働環境も適切で給料も高いです。

わたしが勤めていた会社は、

  • 完全週休二日制
  • 残業代あり
  • 福利厚生もしっかり
  • 有給消化もあり

と一般企業並みの待遇でした。

当時は【平社員で総支給額は月給28万円で残業代は別】のような感じです。

総支給額は前職の料理長の頃と同じですが【労働時間が70時間ほど少ない】です。

上場企業オススメですよ。

飲食業界を辞めて他の業界に転職する

25歳前後なら他の業界でやり直すことも可能です。

わたしは飲食業界の上場企業で待遇が良かったですが「ボーナス」はありませんでした。

一般職のボーナスは魅力的ですよね。

どんな業界であれ現在は少子化の影響で人材不足なので企業側も未経験でも手厚く歓迎してくれ半年もあれば資格も取れるでしょう。

飲食業界が好きなあなたへ

「低い収入でも労働時間が長くても飲食店が好き!」

そんな方にオススメなのは【趣味でやる】という考え方です。

将来的に出店独立するという形でもいいでしょう。

現在【収入が低く悩んでいる状態】をまず改善するのをオススメします。

なぜ若い間が大切かというと人は絶対に歳をとるからです。

歳をとらないのであれば好きな事をオススメしますが30歳前後では選択肢が少なくなります。

「30歳前後になって他業種に転職しよう!」と決意しても時すでに遅し…企業側に断られる確率が高いです。

若い間にしっかり考えましょう。

月給20万円前後なら即行動しましょう

あなたが月給20万円前後なら我慢する必要がありません。

普通に転職エージェントに相談して「今よりも収入を増やしたいです。」と伝えましょう。

普通に紹介してくれます。

おすすめの転職エージェントはこちら全国大手の企業で非公開求人を多く扱っています。

まとめ

飲食業界の「修行という風潮」に騙されて年収の低い仕事をしてはいけません。

年収の低い仕事は辞めて業界問わず年収の高い仕事で働きましょう。

時間は無限にあるわけではないですからね。

良い会社は必ずあります。

あきめずに探しましょう。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

おすすめの記事