飲食店に防犯カメラを設置した方がいいホントの理由
Antranias / Pixabay

 

今回は【飲食店の防犯カメラ】についてです。

大手の企業様は当たり前の事でしょうが【小中規模や個人店では設置していない】と思います。

防犯カメラを設置した方がいい理由とは?

 

スポンサーリンク

従業員の横領を防ぐ

 

こんは話はあまり書きたくありませんが【飲食業界の横領(レジからお金を抜く)は多い】です。

基本的に【横領する人】は違う店舗や企業にいってもずっとやります。

やらない人はずっとやりません。

お金を扱うということで【店長】が1番多くキッチンの人間は滅多に聞きません。

【店長と料理長が組んで】抜いているのも聞いたことがありますが【絶対にいつかはバレます】やめましょう。

 

さて、【防犯カメラを横領防止のために使う方法】ですが【レジの上に設置するだけ】です。

従業員に対しては表向きは【店舗の防犯のため】としておけばいいでしょう。

最近は【防犯カメラ設置費用も安くカンタン】に設置でき、ご自身のスマホで様子を見る事もできます。

 

防犯目的

さきほども述べましたが【防犯目的】でもありますね。

これは深く説明する必要がありません。

【防犯カメラ設置店と案内板】があれば、お客様に対しても【何かしらの抑止力】になり質の悪いお客様は入店してこないかもしれません。

 

お客様の様子がみれる

店舗の客席の隅に設置していれば【お客様の様子】も見る事ができますね。

【店舗の数が増えてきた個人店】などは企業体質が追いついてなく【オーナー1人で全てを管理】しなければなりません。

防犯カメラでお客様の様子や【入客状況】がわかれば電話で従業員に指示も出せます。

実際に、このような使い方をされてるオーナー様もいらっしゃいます。

 

まとめ

わたしが【防犯カメラの設置を強くオススメするのは横領防止】の為です。

横領をする従業員がもちろん悪いのですが、

横領されるような設備、仕事環境を与えてる【経営者側にも問題】はあります。

 

わたしは横領してまでお金が欲しいとは思いませんが【店舗の売り上げ】は【キッチンの従業員の評価】にも関わってきます。

一生懸命、汗水流して長時間働き、休みも取れず、挙げ句の果てに【店長が横領】しており自分の至福は肥やして、

【しわ寄せは全てキッチンの従業員】が受ける事になります。

本当に迷惑です。

本来なら【月次報告】や【時間帯売り上げ】などの数字をみれば「おかしい!」と気づくのですが【確信がない】為に問いただせない経営者のかたもいると思います。

この機会に店舗の数字に不信感があるなら【防犯カメラの設置】をオススメします。

 

こちら《お見積り完全無料》でご利用いただけます。

ご活用ください。


 

 

おすすめの記事