飲食業界のSNS炎上問題について考えてみた
johnhain / Pixabay

どうも飲食業界22年、現役料理長のコロネです。

飲食業界の従業員がSNSで不適切な内容を発信することについて今回は考えてみたいと思います。

何故そんな事をしてしまうのか?

スポンサーリンク

YouTubeの影響?

geralt / Pixabay

 

わたしのようにSNSが無い時代で育った年代には、今の若い子達があのような映像を発信してる意味がわかりません。

何のためにやってるのか?

を考えるとYouTubeの影響ではないかと思います。

 

YouTuberは今や、なりたい職業1位です。

【やってみた】【作ってみた】シリーズの影響で若い子達には罪悪感があまり無いように感じます。

罪悪感が無い点に恐ろしさを感じます。

 

男性が多い?

飲食業界などSNS炎上動画で発信されてる人には男性が多くないですか?

女性が発信してるそのような動画はあまり見た事がありません。

一般的に男性のほうが精神的に幼いと言われています。

そのような事も関係しているのかもしれません。

因みに、飲食店でも叱責した時に辞めてしまうのは男性の学生が多く女性は辞めない印象です。

 

社員がいない?

色々な炎上動画が発信されていますが、その現場に社員がいないのではないか?というシーンが見られます。

人材不足とはいえ、社員不在で営業してる企業には違和感を感じますよね?

企業が今後取り組むべき課題です。

 

冗談では済まない

炎上動画は冗談や笑い話では済みません。

アルバイトのかた、社員のかたでも絶対にやめましょう。

企業イメージを傷つける内容で個人の責任が問われるような書き込みや動画はとんでもない額の賠償金を請求されます。

笑い話では済みません。

人生をかけて、親兄弟も巻き込んで賠償金を支払っていかなければなりません。

 

入社時に契約書にサインしてると思います。

その項目に多くの企業は、SNSで企業イメージを傷つける事の禁止と書いてあるはずです。

「知らなかった。」では済みません。

気をつけ絶対にやめましょう。

 

まとめ

飲食業界などの炎上動画を見てもわたしは笑えません。悲しくなります。

企業に対する不満があるのならば真っ当なやり方で対処すべきですし、冗談半分でふざけていい事ではありません。

モラルの低さを感じます。

 

この背景には、やはり人材不足という問題があります。

企業側も対応すべきでしょう。詳しくはこちらもご覧ください。

【飲食業界の人材不足を人材で補うのは時代遅れ?】

 

人材募集をかける際も優秀な人材を集める必要があります。

アルバイトに関してもリファラル採用を取り入れたほうが良いかもしれません。

詳しくはこちらもご覧ください。

【飲食店のリファラル採用と転職サイト メリットとデメリット】

 

こちらはリファラル採用を推進するツールです。

企業さまはご検討下さい。



おすすめの記事