結婚式の二次会 これからは二次会代行サービスをおすすめします
toanmda / Pixabay

 

この度はご結婚おめでとうございます。

わたしも調理師として結婚式の二次会の料理を作らせていただいてますが、当日になって〇〇人増える減るなどを数回電話してくる幹事さんには参ってしまいます。

大きなパーティーの良し悪しは幹事さんで決まると言っても過言ではないでしょう。

幹事さんにとっても負担になりますし、新郎新婦さんも結婚式以外に打ち合わせが増えてしまいます。

 

スポンサーリンク

知り合いに幹事を頼むとやるべきことが沢山ある

  • 新郎新婦と幹事の顔合わせ
  • 出欠の確認
  • 会場を決める
  • 二次会のプログラムを考える
  • 備品やBGM、ビンゴの景品などを揃える

 

新郎新婦と幹事の顔合わせ

 

まず、二次会を知り合いに頼む場合は、ここからスタートしなくてはなりません。

新郎新婦側の数人で集まる必要があります。

二次会の予定が急に決まった時や知り合いに負担をかけたくないのなら頼まないほうがいいでしょう。

 

出欠の確認

 

会場を決める前に出欠の確認をとり参加人数を把握する必要があります。

 

多くの二次会関係情報では、場所を決めるのが先のように書いてますが人数がわからないのに場所を決めると酷い目にあいます。

例えば、見込みが40名くらいで、それくらいの人数が入れるお店を予約します。

しかしながら、招待状を送ってみると参加者は半分の20名でした。

でも、店舗を予約してしまってるので40名分払ってくださいと言われます。

お店側が良心的でも30名分は払わなければならないでしょう。

 

店舗側からすると当然の話で、最低保障金額は最初の段階でお話してると思います。

その無駄な10名分も参加者が負担するか新郎新婦持ちになります。

もったいないですよね?とはいえ一生懸命にやってくれている幹事さんに文句を言えるでしょうか?

言えるはずありませんね。

 

そんな事にならないように、まず出欠確認をしましょう。

招待状が丁寧ですが、親しい間柄なら電話などでもいいようです。

 

会場を決める

 

人数が把握できれば会場を決めます。

これも幹事さん任せにしてはいけません。

どんな雰囲気の二次会にしたいのか?は新郎新婦がイメージしないと幹事さんは困ってしまいます。

 

居酒屋の飲み会のような二次会でいいですか?

実際、二次会に参加する人数が少ない場合は、身内だけで居酒屋さんで二次会した経験もあります。

もちろんケーキカット等の演出は無く、余興もなく、ただ飲みながら楽しむ感じです。

予算も安く済みますし、参加者との付き合いが深く演出等にこだわらないのであればオススメです。

 

演出、雰囲気などを重視したいのであれば、幹事さんと一緒に数店舗まわりましょう。

結婚式場の近くが理想的ですね。

決して幹事さんに丸投げしないように注意して下さい。

 

二次会のプログラムを考える

これも、参加者が決まっていないと構成できない事柄です。

なぜか二次会情報で、決める内容が前後してるサイトを目にします。注意して下さい。

 

乾杯の挨拶や、余興を誰かにしてもらうのか?

ビンゴゲームでもてなすのか?など色々と決めなくてはいけません。

 

サプライズで乾杯の挨拶を指名するなどもってのほかです。

その会がグダグダになってしまったり、思わぬ発言で苦笑いする羽目になります。

アットホームな雰囲気ならいいかもですね。

プログラムを進めていくには司会が必要です。司会は当然、幹事さんがする事になるでしょう。

幹事さんは負担が大きいと新郎新婦さんは、ご理解しておいてください。

備品やBGM、ビンゴの景品などを揃える

店内を飾る備品や、入退場やイベント中のBGM、ビンゴ大会を開催するなら景品がたくさん必要になります。

これらは結婚式当日に必要なものなので、そんなに長くは保持できず1週間前くらいに買い出しに行く必要があるでしょう。

商品を購入して保存しておくスペースも必要ですし、運ぶときは車も必須ではないでしょうか…

買い出しに関しては、幹事さんが軸となり新郎新婦さんも参加した方が盛り上がる景品の準備も出来そうです。

以上が、新郎新婦さんと幹事さんの二次会までの流れになります。

二次会の幹事さんは大変

新郎新婦さんが二次会を幹事さんに丸投げで事柄が決まらず、関係が疎遠になったというお話も聞いたことがあります。

結婚式は、プランナーに任せておけば全て仕切ってくれるので安心ですが、それと同じノリで二次会の幹事を頼むと思惑の相違が出てきます。

 

幹事さんは好意で快諾してるか、どうしても断れない間柄かのどちらかでしょう。

二次会中も司会を担当したり、ほとんど飲まず食わずでやることになります。

幹事さんが快く手を挙げてくれればいいのですが、相応しい候補がいない場合や皆さんが楽しめる二次会にするには、どうすればいいのでしょうか?

 

そんな時にオススメなのが、こちらの二次会代行サービスです。最近は、こんなサービスがあるのですね。

こちらのサービスでは、結婚式のように担当者と相談して全てを決めることができます。

幹事さんに任せる必要もなく、皆さんが楽しめる二次会にしたい方にオススメです。

司会はお笑い芸人さんが担当してくれます。急な2次会では特にオススメです。

 

 

 

二次会サービスを使わず、ワンランク上の楽しさを表現したいのであればこちら、テレビでも紹介された似顔絵サービス。

 

 

 

婚礼の衣装はレンタルでも高額です。二次会で汚しでもしたら大変なことになります。

そんな二次会用の衣装レンタルはこちらです。

 

 

二次会で介添人もいない店舗で開催する場合は特に危険です。どこで汚してしまうかわかりません。

結婚式場経由でレンタルすると高い可能性があります。

結婚式場と衣装屋さんが提携して仲介手数料が余分にかかるからです。ご自身で比べることをオススメします。

こちらは写真やビデオサービスです。

こちらも比較することをオススメします。

 

結婚式関係は、祝い事なので金額が高いです

本当の価格が、最近は問われるようになってきました。

結婚式上は各関係業者と連携しており、仲介手数料が発生しています。

古く悪い組織体質は消費者にとって迷惑でしかありません。

どのプランがご自身にとって最善なのか見極めて、無駄を省き、皆さんが楽しめる会にしたいですね。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

 

おすすめの記事