飲食業界アルバイトのフリーターが気をつけたい 5つのこと
ddouk / Pixabay

 

飲食業界において【フリーターのアルバイトのかたは非常にありがたい存在】です。

1つの店舗で長く働いてくれるフリーターのかたは【社員なみの生産性】があります。

しかしながら【社員なみの待遇は得られない】ので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

飲食業界のフリーターが気をつけたい5つのこと

  • スキルアップできない
  • 毎月の給料が不安定
  • 居心地がいい
  • 年齢は増える
  • 上手く使われる

 

スキルアップできない

長年同じ店舗で【昨日と同じような仕事】をしていても自身のスキルアップはできません。

スキルアップするには【適度な負荷が必要】になります。

長年のアルバイトのかたに社員が負荷を与えてスキルアップさせようとは滅多にしないでしょう。

なぜか?

長年同じ店舗で働いてくれるアルバイトのかたの【力量がわかっている】からです。

その【ポジションをこなしてくれればいい】と社員は考えています。

社員とアルバイトのかたのあいだで【無駄な衝突は回避したい】のです。

なので、ある程度の仕事が出来るのなら【褒めも怒りもされない状態】になります。

 

フリーターのアルバイトは居心地がいい

さきほどの続きになりますが、

  • 社員に怒られることもなく
  • 長年働いていれば時給も高く
  • 仕事内容も理解しており
  • 休みたい日は休める…

すごく居心地がいい状態】です。

居心地がいい状態こそ危険なのです。

社員が与えている環境】は会社の判断で与えているわけではありません。

甘い環境のフリーターのかたが社員になった時、

「社員の仕事ができるでしょうか?」

社員の仕事はアルバイトとは違います。

フリーターの期間が【長ければ長いほど社員になった後はつらい】気がします。

 

フリーターアルバイトの年齢問題

geralt / Pixabay

居心地がいいフリーターとしての暮らしを続けていても【歳はとります】。

年齢、時間はすべての人にとって平等です。

20歳のフリーターと30歳のフリーターは同じではありません。

【年齢を重ねるほど仕事や人生の選択肢は少なく】なっていきます。

例えば【20歳のフリーターの子】が新しく入社しました。

  • 仕事内容はまだまだですが、
  • 社員に対して従順で愛想もよく
  • 向上心も強く
  • とても好印象です。

【30歳のベテランフリーターさん】は、

  • 仕事内容に隙は無いのですが
  • シフトの休日希望も多く
  • 社員に対しても反抗的です。

若いフリーターの存在により社員は今まで頼りにしてきたベテランフリーターさんが邪魔な存在になります。

今まであまり怒られることもなかったのにある日を境にあたりが強くなります。

今まで居心地がよかったベテランフリーターさんは我慢できません。

仕事を探し始めます。ところが…

【30歳を超えて社員未経験の人の求人】は数少ないでしょう。

面接までたどり着いてもこう言われます。

「あなたは今まで何をしてきたのですか?」

「あなたのスキルは何ですか?」

 

怖い話です。

以上のような流れを言葉は悪いですが「飼い殺し」と言います。

  • スキルアップさせず
  • 温かい環境を与え
  • 怒りもしない

しかし年齢は必ず増えます。

年齢が増えると仕事が無いということを社員や会社は知っています。

会社が社員に対して行うこともあります。

年齢により仕事の求人が無い状態まできたら急に扱いを悪くするのです。

居心地がいいということは危険な状態でもあるわけです。

 

フリーターのアルバイトは上手く使われる

フリーターのアルバイトのかたは店舗にとって非常にありがたい存在です。

意図的に「飼い殺し」してやろうと思っていなくても【そうなりやすい】です。

わたしもアルバイト経験が長かったのですが23歳くらいの頃に気づきました。

「オレは上手く使われてる」だけだと。

そんな経験もあるので、わたしの店舗ではフリーターのかたにスキルアップを意識することや「飼い殺し」に注意することも教えています。

【あなたに怒ってくれる人は大切な人】かもしれません。

怒ると雰囲気も悪くなるし生産性も下がります。

もしかするとアルバイトのかたが辞めるリスクもあります。

仕事に対して【うまく注意すること】は非常に難しいのです。

  • 上手く使われたいのか?
  • スキルアップして未来を見るのか?

あなたが選択する必要があります。

 

フリーターのアルバイトは毎月の給料が不安定

フリーターのベテランさんでも【毎月の給料が安定する】ことは難しいでしょう。

飲食業界には繁忙期、閑散期があります。

社員は固定給なのでアルバイトの人件費を削る場合、

【ひと月の労働時間の多いベテランさん】が削られます。

 

毎月の給料が不安定ということは【毎月の生活も不安定になる】ということです。

実家暮らしのフリーターさんは大丈夫だと思いますが、一人暮らしのフリーターさんは厳しそうです。

「生活は人生の基本」です。

  • 25歳までには社員として飲食業界で生きていくのか?
  • 他業種に転職するのか?

を決めたいところです。

初めての仕事の探し方

まず【仕事選びの条件】を書き出してください。

例えば…

  • 勤務地
  • 給料
  • 休日日数
  • 福利厚生の内容などですね。

求人サイトで高案件を探すよりも【ご自身の条件を決めて多くのサイトで検索】したほうが効率的です。

あなたの条件に合わなければ次々に違うサイトで検索をかけていきましょう。

あなたに適したお仕事が見つかることを願っています。

 

まとめ

フリーターのアルバイトのかたに伝えたいのは【年齢は必ず増える】ということです。

スキルアップは社員アルバイト問わず【意識しましょう】

居心地がいいと感じたら、

「上手く使われてるんじゃないか?」と意識してください。

 

自身のスキルがある程度まで上がったら【社員になる】か【飲食業界があわないと感じたら他業種への転職】を考えてください。

25歳までには考えたい事柄です。

わたしは、

「人生において関わる人の数は多くないので、

せめて自分が関わった人だけでも幸せになってほしい」と思います。

 

【現状に満足して変化を望まない】アルバイトのかたもいます。

【生き方は彼らが望んだこと】なので自分の考えを強要しないことも必要です。

「あなたはどう生きますか?」

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

次の記事へ>>【飲食店 アルバイトについてのまとめ】

 

にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

 

おすすめの記事